設楽町

つちかう

豊かな自然、清流と受け継がれた伝統

天竜川、豊川、矢作川、その清流の源である設楽町。私たちはその源を守ってきました。同時にその豊かな自然の恩恵を受けています。豊かな自然と川の恵みは、イワナ、アマゴ、アユなどの川魚だけでなく、子ども達には川遊びの夏の思い出を与えてれます。そして小さな里山ならではの、人の暖かさ、お祭りやイベントなどの世代を超えた人々の交流がここにはあります。人々は古くから伝わる伝統芸能や各地区で開催されるお祭りを受け継いできました。「奉納歌舞伎」や武術を舞踊として表現している「棒の手」は小学校の授業としても取り組み伝統の継承に力を入れています。

清流の源である設楽町 夏秋(カシュウ)トマト。名倉、津具で栽培。 奥三河食彩フェスタしたら
  • 奉納歌舞伎奉納歌舞伎
  • 棒の手棒の手

中学生がお祭りを盛り上げる!クマタカレンジャーどこにでも駆けつけます!

設楽町に生息している「クマタカ」をモチーフにした「クマタカレンジャー」を中学生が演じて、お祭りやイベントを盛り上げています。「クマタカレンジャー」は生徒達で代々引き継がれ、5代目になります。生徒たち自らが書いた脚本でヒーローショーを行い、ちびっこ達を喜ばせています。また、古くからあるお祭りなどに参加したり、イベントなどにも参加。クマタカレンジャーの活躍は「設楽町を盛り上げる活動」と認められ、設楽町から新しい戦隊スーツと「クマタカレンジャー」の名前が入ったのぼりが贈られました!
クマタカレンジャーはいつでもどこでも、アナタのもとに駆けつけます!

「クマタカ」をモチーフにした「クマタカレンジャー」 設楽町から新しい戦隊スーツと「クマタカレンジャー」の名前が入ったのぼりをいただきました

若い世代が町のために出来ること

設楽町の各地区には、町を盛り上げるための、いろいろな団体が活動しています。例えば南青会では、地域の環境・自然保護活動、子ども達への教育、養育(夏休みの宿題補助、自然の中での遊び学習など)、高齢者支援、季節に合わせたイベントの企画・運営などを行っています。小さな組織ではありますが、年齢を超えた繋がりが出来るように、若い世代が立ち上がっています。人と人の繋がりが深い設楽町ならではの、活動が日々行われています。

南部青年部会 高齢者支援、季節に合わせたイベントの企画、運営などを行っています。 高齢者支援、季節に合わせたイベントの企画、運営などを行っています。

PAGE TOP