加入者

  • 65歳以上の方は第1号被保険者
    介護サービス・介護予防サービスを利用できる方
    介護や支援が必要であると「認定」を受けた方
    ※介護が必要となった原因は問われません。
  • 40歳以上64歳の方は第2号被保険者
    介護サービス・介護予防サービスを利用できる方
    介護保険で対象となる病気※が原因で「要介護認定」を受けた方。   
    ※交通事故などが原因の場合は、介護保険対象外となります。
     
※介護保険で対象となる病気(特定疾病)には次の16種類が指定されています。
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 脳血管疾患
  • 後縦靱帯骨化症
  • 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン症
  • 骨折を伴う骨粗しょう症
  • 多系統萎縮症
  • 初老期における認知症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 脊髄小脳変性症
  • 関節リウマチ
  • 脊柱管狭窄症
  • 慢性閉塞性肺疾患
  • 両側の膝関節又は股関節の著しい変形を伴う変形性関節症
  • 早老症
  • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  • 末期がん

 

65歳以上の方の保険料

65歳以上の方の保険料は、市町村の介護サービス費用がまかなえるよう算出された、「基準額」をもとに決まります。
設楽町の基準額 68,400(年額)(平成27年度から29年度)
65歳以上の方の介護保険料が、平成27年4月から変わりました。
 低所得者保険料軽減制度により、第1~3段階の保険料は、平成27,28年度と平成29年度で異なります。 
所得段階 対象となる方 割合 保険料(年額)
第1段階
  • 生活保護を受給している方
  • 世帯全員が町民税非課税で、老齢福祉年金を受けている方
  • 世帯全員が町民税非課税で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が年間80万円以下の方

基準額×0.45

(27.28年度)


基準額×0.30

 (29年度)

30,780円

(27.28年度)


20,520円

 (29年度)

第2段階
  • 世帯全員が町民税非課税で、 前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が120万円以下の方

基準額×0.75

(27.28年度)


基準額×0.50

 (29年度)

51,300円

(27.28年度) 


34,200円

 (29年度)

第3段階
  • 世帯全員が町民税非課税で、 第1段階、2段階以外の方

基準額×0.75

(27.28年度)


  基準額×0.70

 (29年度)

51,300円

(27.28年度)


  47,880円

 (29年度)

第4段階
  • 本人が町民税非課税で、世帯内に町民税課税者がいる者で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が年間80万円以下の方

基準額×0.90

61,560円

第5段階
  • 本人が町民税非課税で、世帯内に町民税課税者がいる者で、前年の合計所得と課税年金収入の合計が年間80万円を超える方

基準額

68,400円

第6段階
  • 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が年間120万円未満の方

基準額×1.20

82,080円

第7段階
  • 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が年間120万円以上190万円未満の方

基準額×1.30

88,920円

第8段階
  • 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が年間190万円以上290万円未満の方

基準額×1.50

102,600円

第9段階
  • 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が年間290万円以上500万円未満の方

基準額×1.70

116,280円

第10段階
  • 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が年間500万円以上800万円未満の方

基準額×1.80

123,120円

第11段階
  • 本人が町民税課税で、前年の合計所得金額が年間800万円以上の方

基準額×1.90

129,960円

 

 保険料の納め方

 納め方は受給している年金※の額によって2通りにわかれます。
 ※受給している年金とは、老齢(退職)年金・遺族年金・障害年金をいいます。
 老齢福祉年金は対象にはなりません。
 普通徴収......受給している年金が年額18万円未満の方は納付書で各自納めます。
 (町が指定金融機関で口座振替を利用することも可能です。)
 特別徴収......受給している年金が年額18万円以上の方は年金から天引きされます。
 ※本来、年金から天引きになる「特別徴収」の方でも、一時的に納付書で納める場合があります。
 
  • 年度途中で保険料が増額になった
    増額分を納付書で納めます。
  • 年度途中で65歳になった
  • 年度途中で老齢(退職)年金・遺族年金・障害年金の受給が始まった
  • 年度途中で外の市町村から転入した
  • 保険料が減額になった
  • 年金が一時差し止めになったなど

特別徴収の対象者として把握される月(4月・6月・8月・10月・12月・2月)のおおむね6ヶ月後から天引きになります。それまでは、納付書又は口座振替で納めて下さい。