愛知県在宅重度障害者手当

愛知県内に住所があり、重度の身体障害者手帳または療育手帳を持つ人に、愛知県から支給される手当です。

支給は、申請した日の属する月の翌月から、支給すべき理由が消滅した日の属する月までです。

支払月は、4月(12月から3月分)・8月(4月から7月分)・12月(8月から11月分)で、口座振込で支給されます。

・次のような場合は対象外となりますので、忘れずに届出を行ってください。

 1、介護保険施設や障害者支援施設などに入所した場合

 2、平成25年4月以降に3か月以上継続して入院した場合

・所得制限によって支給停止となる場合があります。

・特別障害者手当、障害児福祉手当、経過的福祉手当など国の手当を受けている人は対象外となります。

 

対象者及び支給額

・身体障害者手帳1・2級で、療育手帳の知的障害の程度がIQ35以下の方・・・月額15,500円

・身体障害者手帳1・2級の方(65歳以上の方で、新たに障害者となられた方は対象外)・・・月額6,750円

・療育手帳の知的障害の程度がIQ35以下の方(65歳以上の方で、新たに障害者となられた方は対象外)・・・月額6,750円

・身体障害者手帳3級と療育手帳の知的障害の程度がIQ50以下をあわせて持つ方(65歳以上の方で、新たに障害者となられた方は対象外)・・・月額6,750円

手続き

町民課または津具総合支所住民課へ下記書類などをご持参のうえ、手続きしてください。

手当受給申請に必要なもの

・身体障害者手帳または療育手帳(両方もっている人は両方とも)

・印鑑

・本人名義の預貯金通帳

所得状況

毎年8月には所得状況届の提出が必要です。

その他

こんなときには届け出が必要です。

届け出がありませんと、手当の支払いが遅れたり、返納が生じる可能性があります。

・障害の等級が変わったとき

・住所、氏名、振込口座を変更するとき

・施設に入所するとき

・平成25年4月以降に3か月以上継続して入院したとき

・県外へ転出するとき

・手帳所持者が亡くなったとき

必要なもの

・身体障害者手帳または療育手帳(両方持っている人は両方とも)

・印鑑

・同居の親族(配偶者優先)の預金通帳

 ※本人は死亡し、未支給手当が残っている場合にのみ必要です。