医療費控除は領収書が提出不要となりました

 平成29年分の確定申告から、領収書の提出の代わりに“医療費控除の明細書”の添付が必要となりました。なお、医療費の領収書は、自宅で“5年間”保存する必要があります(税務署や役場から求められたときは、提示又は提出しなければなりません)。また、医療保険者から交付を受けた医療費通知を添付すると、明細の記入を省略できます。
 
※医療費通知とは、医療保険者が発行する医療費の額等を通知する書類で、次の記載があるもの(後期高齢者医療広域連合から発行された書類の場合は3を除く。)及びインターネットを利用して医療保険者から通知を受けた医療費通知情報でその医療保険者の電子署名及 びその電子署名に係る電子証明書が付されたものをいいます。 
  1. 被保険者等の氏名
  2. 療養を受けた年月
  3. 療養を受けた者
  4. 療養を受けた病院、診療所、薬局等の名称
  5. 被保険者等が支払った医療費の額
  6. 保険者等の名称
 ※平成29年分から平成31年分までの確定申告については、医療費の領収書の添付又は提示によることもできます。
  詳細は、こちらをご覧下さい。