投票の方法

 投票の方法には、選挙期日当日に投票するほかに次の方法があります。

期日前投票

期日前投票は、選挙の当日、都合により投票できない人が、選挙期日前であっても同じように投票することができる制度です。

  • 期日前投票を行うことができる人
    投票日に仕事や旅行、買い物、冠婚葬祭などの用務があるなど、一定の事由に該当すると見込まれる人
  • 投票期間
    選挙期日の公示日または告示日の翌日から選挙期日の前日まで
  • 投票時間
    午前8時30分から午後8時まで
  • 投票場所
    設楽町役場、津具総合支所
  • 投票方法
    投票の際には、「宣誓書」への記入が必要。
    それ以外は、選挙期日の投票所における投票方法と同じです。

不在者投票

選挙期日に、期日前投票の事由に該当する人で、次の場合には不在者投票をすることができます。

  • 他の市区町村における不在者投票
    • 投票を行うことができる人
      長期出張などで遠く離れ、投票のために帰ってくることができない人
    • 投票期間
      選挙期日の公示日または告示日の翌日から選挙期日の前日まで
    • 投票時間
      滞在先の市区町村選挙管理委員会の執務時間中のみ
    • 投票場所
      滞在先の市区町村選挙管理委員会
    • 投票方法
      • 設楽町選挙管理委員会に「宣誓書」の交付請求をする。
      • 「宣誓書」を記入し、設楽町選挙管理委員会へ提出(送付)する。
      • 設楽町選挙管理委員会から、「投票用紙」「不在者投票用外封筒および内封筒」「不在者投票証明書が入った封筒」が送付されるので、これらを滞在先の市区町村選挙管理委員会に持参し、投票する。 
  • 選挙人名簿の属する市区町村における不在者投票

設楽町での選挙期日前の投票は、原則、「期日前投票」となるのですが、選挙期日には満18歳を迎えるが、投票を行う時点においてはまだ17歳であり、選挙権を有しない人などについては、例外的に、設楽町選挙管理委員会において不在者投票をすることができます。

    • 投票方法
      • 設楽町選挙管理委員会に出向き、不在者投票をしたい旨を申し出て、不在者投票の事由に該当する旨の「宣誓書」に記入する。
      • 不在者投票の事由に該当すると認められると、その場で投票用紙、不在者投票用封筒(内・外)が交付されるので、選挙管理委員会の指示に従い、投票する。
  • 病院、老人ホームなどにおける不在者投票

    病気入院中などのため、投票所に出向けない人の投票の機会を保障するため、病院など施設の中で行う不在者投票制度があります。(投票用紙の請求など、諸手続きは施設が行います。)

    • 投票を行うことができる人
      愛知県選挙管理委員会の指定する病院および老人ホームなどに入院・入所中の人
    • 投票期間
      選挙期日の公示日または告示日の翌日から選挙期日の前日まで
    • 投票時間
      午前8時30分から午後5時まで
    • 投票場所
      入院・入所中の病院、老人ホームなど
    • 投票方法
      不在者投票管理者(それぞれの施設の長など)に依頼して、投票用紙を設楽町選挙管理委員会から取り寄せ、自分が入院・入所している施設で投票します。
      投票された投票用紙は、不在者投票管理者から設楽町選挙管理委員会に送られます。
  • 郵便などによる不在者投票

重度の身体障害、戦傷病および要介護者で一定の条件に該当する人は、自宅で投票し、郵便などでこれを送ることが認められています。
(注意)「郵便等投票証明書」の交付など、あらかじめの手続きが必要となります。詳細は、選挙管理委員会にご確認いただき、早めの手続きをお願いします。

  • 郵便などによる不在者投票における代理記載制度

郵便などによる不在者投票の対象者で、自ら投票の記載をすることができない者として、次の障害に該当する人は、あらかじめ市区町村の選挙管理委員会に届け出た人(選挙権を有する人に限る。)に代理で投票の記載をさせることができます。